★PARENT★

カリキュラム

先端学際工学専攻では、先端科学技術分野に関する萌芽的・先導的な基礎研究とその応用研究、さらには、そのような研究そのものに関する研究について教育・研究指導を行っています。

具体的には、先端科学技術研究センタ-の教員の研究する様々な分野における最新のトピックスや第一線の活動に関して講義を行う7つのオムニバス講義(※)と深い専門性を培い博士論文作成のための実験・演習科目を中心に、3年間の課程を修めていただきます。なお、平成22年度より従来の「一般のプログラム」の他に「バリアフリープログラム」と「環境・エネルギープログラム」が加わりました。

(※)7つのオムニバス講義
-「先端研究戦略・社会システム論」(2単位)
-「先端物質デバイス論」(2単位)
-「先端情報システム論」(2単位)
-「先端生命論」(2単位)
-「先端知的財産権論」(2単位)(隔年開講)
-「先端環境・エネルギー論」(2単位)
-「先端バリアフリー論」(2単位)

授業科目表(PDF: (PDF: 227KB)
時間割表(PDF: (PDF: 532KB)

博士課程の修了要件

修業年限は3年で、20単位(論文指導に係る科目12単位、必修科目4単位、その他講義科目4単位)以上取得し、博士の学位論文審査及び最終試験に合格すること。

修了までのスケジュール

1~3年次を通じて 講義・ゼミを履修し、必要単位の取得
指導教員と相談の上、研究内容・計画・方法を検討し、研究を行う。研究成果を国内外問わず、広く学術的権威の認められている学術雑誌等に論文として発表する。
3年次
(※10月入学者は括弧内の時期になります)
8月上旬(2月上旬)
3年間で修了する予定者確定
9~10月(3~4月)
予備審査
12月中旬(6月中旬)
博士学位論文等提出締切
1月下旬(7月下旬)
本審査
3月中旬(9月中旬)
修了者決定
3月末(9月末)
学位記授与式